ブログ


オールソール

ソールのデザインが特徴的です。再現が難しかったですが雰囲気は壊すことなく仕上がったと思います。

ハーフソール

当店の婦人用ハーフソールは基本的に極薄のビブラム1.0mm、ビブラム1.8mm、ロゴ無し1.8mm、ピラミッド柄2.2mmの4種類をご用意しております。価格は全て¥1,940(税込)となっております。

中敷き交換

ここ最近になって中敷き交換の仕事が増えております。今回のように合皮の中敷きがボロボロになって交換するパターンが多いです。価格としては合皮が¥1,185(税込)、革が¥1,510(税込)と差額が325円なので、耐久性を考えると絶対に革がお勧めです。特に素足で履く場合などは合皮よりも革のほうが履き心地が良いようです。

PRADAのスニーカー

ソールがボロボロ、ベタベタになってしまったプラダのスニーカーのオールソールです。

新しいソールはVibramのスポンジ素材を使用しているため、かなり軽くクッション性もあり履き心地は抜群だと思います。

ハーフソール

ハーフソールはすべり止め効果の他にソールの減り防止にもなりますが、特にソールが薄くつま先が細く尖った靴には靴をおろす前に貼ることをお勧めします。と言うのも油断しているとソールはおろか本体まですり減って穴が開いてしまうリスクがあるからです。

 

ハーフソール&かかと修理

足袋のようなデザインのソールです。履き心地は良さそうですね。ハーフソール、かかと共にビブラムで仕上げました。

バッグの根革修理

バッグ修理の中でも多いのが根革の修理。革の幅が細ければ細い程切れやすくなってしまうようです。

サンダルのオールソール

サンダルのオールソールです。ウレタン底の宿命とも言える加水分解を起こしています。

今回はソールに軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジを採用しました。

ブロックヒール(積み上げ風)

ブロックヒールの修理です。実際は20mm厚のゴムですが、積み上げ風に仕上げています。

ビンテージスチール

トライアンフのスチールが新たに2種加わりました。どちらもソールを加工せずに取付け可能なのでソールを削る必要もなく、糸切れの心配もありません。是非一度お試しください!

ビブラム#4014ソール

#4014と言えばレッドウイング用のソールとして知られています。

こちらの修理は8,640円(税込)になります。なお納期は1週間前後です。

部分カラーリング

リーガルの典型的な色剥げパターンです。こうなってしまうと靴クリームでの補色は不可能なので顔料で補修するしかありません。

ハーフソール+スチール

ビブラムのハーフソールにトライアンフのスチールを付けました。

2,160+3,020=5,180円(税込)になります。

オールソール

スポンジのオールソールです。

価格は¥7,560(税込)~になります。

履きづらい靴にファスナーを…

今回は私物です。ネットのSALEで安く買ったはいいものの履き口が狭くとにかく履きづらい。返品や交換もできない為、仕方なく本体の一部にファスナーを取付け、脱ぎ履きを楽にしようと考えました。結果、履く時のストレスも無くなり大成功です。

サイドゴアのゴム交換

サイドゴアブーツのゴムがヨレヨレに伸びきっています。

オリジナル同様に濃茶のゴムに交換しました。

 

リニューアル

店先の立て看板をリニューアルしました。

 

クリーニング

お客様自身が汚れの原因がわからないと言うことでした。

ただ革に染み込んだ汚れではなさそうなのである程度は綺麗になるであろうと予想しましたが、手洗いで丁寧に作業した結果、しっかりと綺麗になりました。

婦人のショートブーツのクリーニングの料金は3,000円になります。

 

バッグの中身が見えてしまう…

ファスナーや留め具が無いために常に口が開いた状態でバッグの中身が見えてしまうとのことで、コスパを考えてマグネットを取付けました。

お悩みも解消され喜んでいただけました。

ヴィトンの根革修理

バッグ修理の代表的なものともいえる根革修理。ハードワークを強いられる箇所だけに革切れは避けられないようです。

 

合皮中敷き交換

中敷きがボロボロになってしまっていますので新しいものに交換致しました。価格は¥1,185(税込)です。

バックル取付け

モンクストラップのバックルが破損してしまったようです。

オリジナルに近いデザインのものを取付けさせていただきました。

レッドウイングのオールソール

レッドウイングのオールソールと言えば Vibram #4014ですね。

こちらの修理で¥8,640(税込)になります。納期は1週間前後いただいております。

ビブラムのハーフソール

当店ではこちらのイタリアのビブラム社製ハーフソールが婦人¥1,940、紳士 ¥2,160(共に税込)となっております。他にも同じ価格でロゴ無しのスペイン製、日本製もございます。

スリッパのリメイク

10月は雨ばかりでしたね。おかげで暇な時間が多かったので店内のお客様用スリッパをリメイクしてみました。ベロアを縫い付けて少し高級感が出せたと思います。

サイドゴアブーツのゴム交換

珍しいデザインのサイドゴアブーツです。ゴムが伸びて一部が切れてしまっておりますので全て交換致しました。

婦人靴のかかと修理

少し履き過ぎてヒール部分まで削れてしまっています。でも大丈夫です!ほんの数ミリ低くはなりますが綺麗に直ります。

金具交換

ナスカンを交換しました。似たデザインのものが無かったので、在庫の中からお選びいただきました。

バッグ修理

破損してしまった肩ひもを支える根革を作製しました。

ファスナーの引き手の作製

引き手が取れてしまっていますので、新規で作ってみました。

ソールカット

ソール全体を低くしてほしいとのご依頼により約1.5cmカット致しました。これで履きやすくなり、この夏大活躍してくれると嬉しいです。

紳士かかと修理

紳士トップリフトの交換 ビブラム6mm 1,940円(税込)

ソール一体型の補修

つま先からかかとまで一体になったソールの場合、すり減った部分に傾斜したゴムを貼るコーナーという方法で補修致します。

革底全体にラバーを…

PELLICOにハーフソール

今回はVibramの1.8mmをチョイスしました。価格は¥1,940(税込)となっております。

ビラゴム交換

今回はREGALのモンクストラップシューズの修理です。ストラップ部分のゴムが完全に切れて

しまっていますので、オリジナル同様に20mm巾のビラゴムで交換させて頂きました。

店内の商品

来店された方ならご存じかと思いますが、店がとにかく狭いです。

しかしそんな狭小スペースに厳選した商品をいろいろ取り揃えております。サイズ調整用のインソールなどは全てサンプルがあり、実際に試していただくことが可能ですのでどうぞお気軽にご来店ください!

ショルダーバッグの丈詰め

ひもが長すぎて使い勝手が悪いとのことで、丈を短くしました。

長さを変えることで、がらりと雰囲気が変わりました。

ヴィトンの修理

ショルダーのひもの付け根部分の革(根革)が千切れてしまっています。

ヌメ革を使ってオリジナルに近いものを作りました。新しい革なので最初は色的な違和感は否めませんが、使い込んでいくうちに周りの革になじんでくるので問題ないでしょう。

ファスナーを取付ける

バッグの中身を見せたくないのでファスナーを新設してほしいとのご依頼でした。

お客様とご相談してこの取付位置に決まりました。

 

新品の革底靴にハーフソール

革底の靴にハーフソールを貼る場合は今回のように新品の状態で貼ることをお勧めします。そうする事によってソールの減り防止にもなり、糸切れによるアッパーとソールの分離も避けられるんです。

 

バッグの持ち手交換

バッグ修理で多いのがファスナーと持ち手の交換。今回は持ち手交換の修理例をご紹介します。

オリジナルの素材は合皮でしたが、合皮特有の表面剥離が始まったので革への変更を希望されました。材料はお客様が持ち込まれた他のバッグのショルダー用の革ひもを使用。色の相性やひもの幅もバッチリで、オリジナルには無かったバックルも良いアクセントになっていると思います。

 

ヒールカット

ヒールが高すぎて履いてなかった靴のヒールカットをご希望のお客様。

バランスを考えた上で約1cmカットさせていただきました。

皆さんも下駄箱で眠っている靴を再生させてはいかがですか?

作業時間は約30分程で可能です。

カット代430円+かかと代900円=1,330円

※かかと代はかかとの面積により異なります。

サンダルに革中敷

汚れが目立たないよう全体に中敷きを貼りました。

カラーリング

鮮やかなピンク色を黒へ変更しました。

ストラップの作製

靴が脱げてしまうのでストラップを作ってほしいとのご依頼でした。

金具部分は脱ぎ履きの楽なフック式です。

ブロックヒールの交換

20mm厚のブロックヒールの交換です。

ブロックヒールと言うと代表的なものとしてREGALが有名です。

マグネットの交換

CELINEのバッグのマグネットを交換しました。オリジナルのパーツとは異なりますが、耐久性はありそうです。

クリーニング

スエード靴にできた雨ジミをクリーニングで落としました。スエードは濡れるとシミになりやすいので、日頃から防水スプレーなどで対策することが重要です。

0 コメント

極薄カラーハーフソール

ビブラム社製の極薄タイプのハーフソールです。ハーフソールというと1.8mm厚が主流ですが、こちらは1.0mmとかなり薄手です。軽くて貼った感じが少なくカラーバリエーションも豊富です。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part2

こちらもmiu miuの財布の色補修です。エッジ部分と金のロゴ近くに目立つ色剥げがありましたが、違和感のない仕上がりになったと思います。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part 1

miu miuの財布のエッジの部分が色剥げしています。同じ色を再現するために何色かを混ぜ合わせ調合しました。

0 コメント

PRADAのファスナー修理

ファスナーが閉まらなくなってしまっています。これはスライダーの不具合が原因なのでスライダーを交換をすることで解決します。

0 コメント

ToD‘Sのオールソール

TOD‘Sといえばドライビングシューズ。そんなTOD‘Sのソールがウレタン底特有の加水分解を起こしてしまっています。本体はほぼ新品なのでソールを貼り替えることにより復活しました。ソールはvibram #1030で仕上げました。

0 コメント

新作トートバッグ

オリジナルデザインの新作バッグが完成しました。今回は初のトートバッグ。素材は豚革使用でたっぷりと収納可能です。

0 コメント

ヒールカット

昔は履けていたのに今はヒールが高すぎて怖くて履けないという方、結構いらっしゃいます。

そんな方にはヒールカットがお勧めです。バランスを見ながら最大2cmくらいはカット可能です。

ちなみにこちらの靴は1.5cmカット致しました。

0 コメント

バッグのクリーニング

当店ではバッグのクリーニングも行なっております。ただ基本的には外注となりますので納期は2週間くらいいただいております。

0 コメント

ヒール交換

最近多いヒール交換の修理。ここまで方減りしてしまうと歩きにくかったと思います。こうなる前に早めの修理をお勧めします!

0 コメント

ビンテージスチール

かかと同様に減りやすいのがつま先部分。かかとの修理はかなり認知度は高いと思いますが、意外としられていないのがつま先の修理。減ってしまったつま先でもゴムや革、スチールでの補修が可能です。スチールはあまり一般的とは言えませんが、耐摩耗性に優れているために、お気に入りの靴を大事に長く履きたい方には好まれているようです。

作業に手間が掛かる為、当日仕上げは難しいですが、翌日のお渡し可能です。料金はこちらのタイプ¥2,805(税込)になります。

0 コメント

持ち手の根革の作製

革製のバッグですが、持ち手部分は合皮が使われており、根革が切れてしまっています。

新たな根革は丈夫な革で作りました。

0 コメント

新品の靴にハーフソール

靴を買ったらハーフソールをお勧めします。ソールが革の場合は滑り止めになりますし、また減り防止にもなり靴が長持ちします。

0 コメント

新作!

久々にオリジナルのバッグを作りました。形はほぼスクエアで、裏地付で内ポケットが1つあります。

今回は縦の切り替えと革紐を縫い付けたデザインが特徴です。

0 コメント

婦人靴の修理例3

ソール一体型のかかと修理例です。このタイプの靴は減った部分のみを修理する部分補修(コーナー)という方法で直します。修理代は1,620円(税込)になります。

0 コメント

婦人靴の修理例2

0 コメント

婦人靴の修理例1

今回はピンヒールのリフト交換です。ピンヒールはかかとの面積が小さい分、どうしても消耗は早いです。交換するタイミングは人それぞれですが、なるべく早めの交換をお勧めします。修理代は900円(税込)です。

14 コメント

積み上げヒール交換

かなり履き過ぎてトップリフトより上のヒール部分まで削れてしまっています。

こうなってしまうと、ヒールをそっくり交換した方が良いでしょう。今回はオリジナル通りに革を積み上げたヒール+トップリフトで仕上げました。その他にもコストを抑えたい方には厚さ20mm前後のブロックヒールで仕上げる方法があります。

0 コメント

つま先+ハーフソール+かかと

かなり履き込んでおり、特につま先とソールは部分補修を施した上からハーフソールを貼っております。

0 コメント

肩紐の長さ変更

ショルダーバッグの肩紐を25cmカットしました。

0 コメント

クリスチャン・ルブタン

ルブタンと言えばやはり赤のハーフソールが定番ですね。今回はビブラムの赤を選びましたが、かなり朱色に近い赤のようです。

1 コメント

クリーニング

衣替えのシーズンになり、しまっていた秋冬物の靴を出してみたらカビだらけに…。

何て経験はありませんか?

今回は靴箱に入れっ放しでカビだらけになってしまった革靴のクリーニングです。

内側もカビだらけでしたが、きれいになりました。

カビの原因の多くは湿気です。カビは風通しが悪く湿気の溜まりやすい場所で発生するので、もし玄関が多湿の場合は、たまにベランダなどの風通しの良い場所で日陰干しをするとよいでしょう。

 

0 コメント

パスケースをカスタマイズ

パスケースに紐を通す穴を開けてほしいとのご依頼でしたが、穴を開けてしまうとカードの出し入れの妨げになってしまうので、新たに金具を取付けました。

0 コメント

新作バッグ

お隣のブティックの店長さんからご注文頂いたバッグ製作が、構想から約2カ月掛かってやっと完成しました。柔らかいシュリンクレザーと蛇柄の切り替えしになったオリジナルデザインです。

0 コメント

中敷き&かかと修理

中敷きもかかとも交換不可の一体型タイプです。中敷きは重ね張りをし、かかとはソールのかかと部分をカットして、新しいゴムを取付けました。合皮中敷き¥1,185 かかと修理¥1,000

1 コメント

ジャランスリワヤ

私も持っているジャランスリワヤのローファー。インドネシア製ということで、最初はあまりピンときませんでしたが、比較的手頃な価格で質の良い靴を作っているのでとても気に入っています。今回はビブラムのハーフソールで仕上げました。価格は2,160円(税込)です。

0 コメント

クリーニング

私の経験上、スエード靴のクリーニングは比較的汚れが落ちやすくキレイに仕上がるイメージがあります。もちろん程度にもよりますが…。

今回もつま先周辺の汚れを中心にしっかりとキレイに仕上がりました。

料金は2,500円になります。

0 コメント

合皮中敷き交換

しばらく履かなかったら中敷きがボロボロになってしまったそうです。

でも大丈夫です!新しい中敷きに張り替えれば復活します。

料金は1,185円(税込)になります。

 

 

3 コメント

リボーン

紳士のカカト修理例です。ヒール部分まで削れてしまっており、色落ちもしています。

減り過ぎたヒールは革で部分補修をし、インクも塗り替えたのですっかり生まれ変わりました。

0 コメント

ウレタン底の宿命

今回はウレタン底によく有りがちな加水分解によるソールのひび割れの実例とその修理例のご紹介です。ソールは軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジで、カカト部分は耐久性のある合成ゴムで仕上げました。オリジナルよりも軽量化できたので、履き心地も良くなっていると思います。

2 コメント

カードOKです。

当店ではこれまでお支払いは現金のみとさせて頂いておりましたが、6月20日より各種クレジットカードに対応可能となりました。

0 コメント

リフト交換

少し履き過ぎてゴムより上の革まで削れてしまっています。でもご安心ください!

部分補修をして復元できるんです。

こちらの修理はVibramのトップリフト+部分補修1箇所で¥2,040になります、

0 コメント

ハーフソール2

新品の靴にハーフソールを貼る作業はいつも以上に緊張します。今回はお客様の希望でVibram #2340(エクスプローションソール)を貼らせていただきました。模様に特徴のあるソールですが、グリップ力も耐久性もバッチリです。料金は¥2,375になります。

0 コメント

ハーフソール1

新品の靴にハーフソールを貼りました。今回はロゴ無しのスッキリとしたデザインのスペイン製のハーフソールをチョイス。グリップ力も高くゴム質もとても良いのでおススメです!料金は¥2,160になります。

0 コメント

中敷きの交換

サンダルが活躍する季節が近づいてきましたね。そんな季節に備えて、表面が剥がれてボロボロになってしまった中敷きの張り替えを致します。実はボロボロになってしまった原因は合皮という素材にあるんです。合皮は靴の保管方法や年数の経過によりこうなってしまうのです。本革であればこんな状態にはなりません。ですから当店ではお客様に、本革の中敷き交換をおすすめしています。値段の差も300円くらいなので、

耐久性の違いを考えれば決して高くはないと思います。カラーバリエーションも豊富です。

 

0 コメント

オールソール

ソールのデザインが特徴的です。再現が難しかったですが雰囲気は壊すことなく仕上がったと思います。

ハーフソール

当店の婦人用ハーフソールは基本的に極薄のビブラム1.0mm、ビブラム1.8mm、ロゴ無し1.8mm、ピラミッド柄2.2mmの4種類をご用意しております。価格は全て¥1,940(税込)となっております。

中敷き交換

ここ最近になって中敷き交換の仕事が増えております。今回のように合皮の中敷きがボロボロになって交換するパターンが多いです。価格としては合皮が¥1,185(税込)、革が¥1,510(税込)と差額が325円なので、耐久性を考えると絶対に革がお勧めです。特に素足で履く場合などは合皮よりも革のほうが履き心地が良いようです。

PRADAのスニーカー

ソールがボロボロ、ベタベタになってしまったプラダのスニーカーのオールソールです。

新しいソールはVibramのスポンジ素材を使用しているため、かなり軽くクッション性もあり履き心地は抜群だと思います。

ハーフソール

ハーフソールはすべり止め効果の他にソールの減り防止にもなりますが、特にソールが薄くつま先が細く尖った靴には靴をおろす前に貼ることをお勧めします。と言うのも油断しているとソールはおろか本体まですり減って穴が開いてしまうリスクがあるからです。

 

ハーフソール&かかと修理

足袋のようなデザインのソールです。履き心地は良さそうですね。ハーフソール、かかと共にビブラムで仕上げました。

バッグの根革修理

バッグ修理の中でも多いのが根革の修理。革の幅が細ければ細い程切れやすくなってしまうようです。

サンダルのオールソール

サンダルのオールソールです。ウレタン底の宿命とも言える加水分解を起こしています。

今回はソールに軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジを採用しました。

ブロックヒール(積み上げ風)

ブロックヒールの修理です。実際は20mm厚のゴムですが、積み上げ風に仕上げています。

ビンテージスチール

トライアンフのスチールが新たに2種加わりました。どちらもソールを加工せずに取付け可能なのでソールを削る必要もなく、糸切れの心配もありません。是非一度お試しください!

ビブラム#4014ソール

#4014と言えばレッドウイング用のソールとして知られています。

こちらの修理は8,640円(税込)になります。なお納期は1週間前後です。

部分カラーリング

リーガルの典型的な色剥げパターンです。こうなってしまうと靴クリームでの補色は不可能なので顔料で補修するしかありません。

ハーフソール+スチール

ビブラムのハーフソールにトライアンフのスチールを付けました。

2,160+3,020=5,180円(税込)になります。

オールソール

スポンジのオールソールです。

価格は¥7,560(税込)~になります。

履きづらい靴にファスナーを…

今回は私物です。ネットのSALEで安く買ったはいいものの履き口が狭くとにかく履きづらい。返品や交換もできない為、仕方なく本体の一部にファスナーを取付け、脱ぎ履きを楽にしようと考えました。結果、履く時のストレスも無くなり大成功です。

サイドゴアのゴム交換

サイドゴアブーツのゴムがヨレヨレに伸びきっています。

オリジナル同様に濃茶のゴムに交換しました。

 

リニューアル

店先の立て看板をリニューアルしました。

 

クリーニング

お客様自身が汚れの原因がわからないと言うことでした。

ただ革に染み込んだ汚れではなさそうなのである程度は綺麗になるであろうと予想しましたが、手洗いで丁寧に作業した結果、しっかりと綺麗になりました。

婦人のショートブーツのクリーニングの料金は3,000円になります。

 

バッグの中身が見えてしまう…

ファスナーや留め具が無いために常に口が開いた状態でバッグの中身が見えてしまうとのことで、コスパを考えてマグネットを取付けました。

お悩みも解消され喜んでいただけました。

ヴィトンの根革修理

バッグ修理の代表的なものともいえる根革修理。ハードワークを強いられる箇所だけに革切れは避けられないようです。

 

合皮中敷き交換

中敷きがボロボロになってしまっていますので新しいものに交換致しました。価格は¥1,185(税込)です。

バックル取付け

モンクストラップのバックルが破損してしまったようです。

オリジナルに近いデザインのものを取付けさせていただきました。

レッドウイングのオールソール

レッドウイングのオールソールと言えば Vibram #4014ですね。

こちらの修理で¥8,640(税込)になります。納期は1週間前後いただいております。

ビブラムのハーフソール

当店ではこちらのイタリアのビブラム社製ハーフソールが婦人¥1,940、紳士 ¥2,160(共に税込)となっております。他にも同じ価格でロゴ無しのスペイン製、日本製もございます。

スリッパのリメイク

10月は雨ばかりでしたね。おかげで暇な時間が多かったので店内のお客様用スリッパをリメイクしてみました。ベロアを縫い付けて少し高級感が出せたと思います。

サイドゴアブーツのゴム交換

珍しいデザインのサイドゴアブーツです。ゴムが伸びて一部が切れてしまっておりますので全て交換致しました。

婦人靴のかかと修理

少し履き過ぎてヒール部分まで削れてしまっています。でも大丈夫です!ほんの数ミリ低くはなりますが綺麗に直ります。

金具交換

ナスカンを交換しました。似たデザインのものが無かったので、在庫の中からお選びいただきました。

バッグ修理

破損してしまった肩ひもを支える根革を作製しました。

ファスナーの引き手の作製

引き手が取れてしまっていますので、新規で作ってみました。

ソールカット

ソール全体を低くしてほしいとのご依頼により約1.5cmカット致しました。これで履きやすくなり、この夏大活躍してくれると嬉しいです。

紳士かかと修理

紳士トップリフトの交換 ビブラム6mm 1,940円(税込)

ソール一体型の補修

つま先からかかとまで一体になったソールの場合、すり減った部分に傾斜したゴムを貼るコーナーという方法で補修致します。

革底全体にラバーを…

PELLICOにハーフソール

今回はVibramの1.8mmをチョイスしました。価格は¥1,940(税込)となっております。

ビラゴム交換

今回はREGALのモンクストラップシューズの修理です。ストラップ部分のゴムが完全に切れて

しまっていますので、オリジナル同様に20mm巾のビラゴムで交換させて頂きました。

店内の商品

来店された方ならご存じかと思いますが、店がとにかく狭いです。

しかしそんな狭小スペースに厳選した商品をいろいろ取り揃えております。サイズ調整用のインソールなどは全てサンプルがあり、実際に試していただくことが可能ですのでどうぞお気軽にご来店ください!

ショルダーバッグの丈詰め

ひもが長すぎて使い勝手が悪いとのことで、丈を短くしました。

長さを変えることで、がらりと雰囲気が変わりました。

ヴィトンの修理

ショルダーのひもの付け根部分の革(根革)が千切れてしまっています。

ヌメ革を使ってオリジナルに近いものを作りました。新しい革なので最初は色的な違和感は否めませんが、使い込んでいくうちに周りの革になじんでくるので問題ないでしょう。

ファスナーを取付ける

バッグの中身を見せたくないのでファスナーを新設してほしいとのご依頼でした。

お客様とご相談してこの取付位置に決まりました。

 

新品の革底靴にハーフソール

革底の靴にハーフソールを貼る場合は今回のように新品の状態で貼ることをお勧めします。そうする事によってソールの減り防止にもなり、糸切れによるアッパーとソールの分離も避けられるんです。

 

バッグの持ち手交換

バッグ修理で多いのがファスナーと持ち手の交換。今回は持ち手交換の修理例をご紹介します。

オリジナルの素材は合皮でしたが、合皮特有の表面剥離が始まったので革への変更を希望されました。材料はお客様が持ち込まれた他のバッグのショルダー用の革ひもを使用。色の相性やひもの幅もバッチリで、オリジナルには無かったバックルも良いアクセントになっていると思います。

 

ヒールカット

ヒールが高すぎて履いてなかった靴のヒールカットをご希望のお客様。

バランスを考えた上で約1cmカットさせていただきました。

皆さんも下駄箱で眠っている靴を再生させてはいかがですか?

作業時間は約30分程で可能です。

カット代430円+かかと代900円=1,330円

※かかと代はかかとの面積により異なります。

サンダルに革中敷

汚れが目立たないよう全体に中敷きを貼りました。

カラーリング

鮮やかなピンク色を黒へ変更しました。

ストラップの作製

靴が脱げてしまうのでストラップを作ってほしいとのご依頼でした。

金具部分は脱ぎ履きの楽なフック式です。

ブロックヒールの交換

20mm厚のブロックヒールの交換です。

ブロックヒールと言うと代表的なものとしてREGALが有名です。

マグネットの交換

CELINEのバッグのマグネットを交換しました。オリジナルのパーツとは異なりますが、耐久性はありそうです。

クリーニング

スエード靴にできた雨ジミをクリーニングで落としました。スエードは濡れるとシミになりやすいので、日頃から防水スプレーなどで対策することが重要です。

0 コメント

極薄カラーハーフソール

ビブラム社製の極薄タイプのハーフソールです。ハーフソールというと1.8mm厚が主流ですが、こちらは1.0mmとかなり薄手です。軽くて貼った感じが少なくカラーバリエーションも豊富です。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part2

こちらもmiu miuの財布の色補修です。エッジ部分と金のロゴ近くに目立つ色剥げがありましたが、違和感のない仕上がりになったと思います。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part 1

miu miuの財布のエッジの部分が色剥げしています。同じ色を再現するために何色かを混ぜ合わせ調合しました。

0 コメント

PRADAのファスナー修理

ファスナーが閉まらなくなってしまっています。これはスライダーの不具合が原因なのでスライダーを交換をすることで解決します。

0 コメント

ToD‘Sのオールソール

TOD‘Sといえばドライビングシューズ。そんなTOD‘Sのソールがウレタン底特有の加水分解を起こしてしまっています。本体はほぼ新品なのでソールを貼り替えることにより復活しました。ソールはvibram #1030で仕上げました。

0 コメント

新作トートバッグ

オリジナルデザインの新作バッグが完成しました。今回は初のトートバッグ。素材は豚革使用でたっぷりと収納可能です。

0 コメント

ヒールカット

昔は履けていたのに今はヒールが高すぎて怖くて履けないという方、結構いらっしゃいます。

そんな方にはヒールカットがお勧めです。バランスを見ながら最大2cmくらいはカット可能です。

ちなみにこちらの靴は1.5cmカット致しました。

0 コメント

バッグのクリーニング

当店ではバッグのクリーニングも行なっております。ただ基本的には外注となりますので納期は2週間くらいいただいております。

0 コメント

ヒール交換

最近多いヒール交換の修理。ここまで方減りしてしまうと歩きにくかったと思います。こうなる前に早めの修理をお勧めします!

0 コメント

ビンテージスチール

かかと同様に減りやすいのがつま先部分。かかとの修理はかなり認知度は高いと思いますが、意外としられていないのがつま先の修理。減ってしまったつま先でもゴムや革、スチールでの補修が可能です。スチールはあまり一般的とは言えませんが、耐摩耗性に優れているために、お気に入りの靴を大事に長く履きたい方には好まれているようです。

作業に手間が掛かる為、当日仕上げは難しいですが、翌日のお渡し可能です。料金はこちらのタイプ¥2,805(税込)になります。

0 コメント

持ち手の根革の作製

革製のバッグですが、持ち手部分は合皮が使われており、根革が切れてしまっています。

新たな根革は丈夫な革で作りました。

0 コメント

新品の靴にハーフソール

靴を買ったらハーフソールをお勧めします。ソールが革の場合は滑り止めになりますし、また減り防止にもなり靴が長持ちします。

0 コメント

新作!

久々にオリジナルのバッグを作りました。形はほぼスクエアで、裏地付で内ポケットが1つあります。

今回は縦の切り替えと革紐を縫い付けたデザインが特徴です。

0 コメント

婦人靴の修理例3

ソール一体型のかかと修理例です。このタイプの靴は減った部分のみを修理する部分補修(コーナー)という方法で直します。修理代は1,620円(税込)になります。

0 コメント

婦人靴の修理例2

0 コメント

婦人靴の修理例1

今回はピンヒールのリフト交換です。ピンヒールはかかとの面積が小さい分、どうしても消耗は早いです。交換するタイミングは人それぞれですが、なるべく早めの交換をお勧めします。修理代は900円(税込)です。

14 コメント

積み上げヒール交換

かなり履き過ぎてトップリフトより上のヒール部分まで削れてしまっています。

こうなってしまうと、ヒールをそっくり交換した方が良いでしょう。今回はオリジナル通りに革を積み上げたヒール+トップリフトで仕上げました。その他にもコストを抑えたい方には厚さ20mm前後のブロックヒールで仕上げる方法があります。

0 コメント

つま先+ハーフソール+かかと

かなり履き込んでおり、特につま先とソールは部分補修を施した上からハーフソールを貼っております。

0 コメント

肩紐の長さ変更

ショルダーバッグの肩紐を25cmカットしました。

0 コメント

クリスチャン・ルブタン

ルブタンと言えばやはり赤のハーフソールが定番ですね。今回はビブラムの赤を選びましたが、かなり朱色に近い赤のようです。

1 コメント

クリーニング

衣替えのシーズンになり、しまっていた秋冬物の靴を出してみたらカビだらけに…。

何て経験はありませんか?

今回は靴箱に入れっ放しでカビだらけになってしまった革靴のクリーニングです。

内側もカビだらけでしたが、きれいになりました。

カビの原因の多くは湿気です。カビは風通しが悪く湿気の溜まりやすい場所で発生するので、もし玄関が多湿の場合は、たまにベランダなどの風通しの良い場所で日陰干しをするとよいでしょう。

 

0 コメント

パスケースをカスタマイズ

パスケースに紐を通す穴を開けてほしいとのご依頼でしたが、穴を開けてしまうとカードの出し入れの妨げになってしまうので、新たに金具を取付けました。

0 コメント

新作バッグ

お隣のブティックの店長さんからご注文頂いたバッグ製作が、構想から約2カ月掛かってやっと完成しました。柔らかいシュリンクレザーと蛇柄の切り替えしになったオリジナルデザインです。

0 コメント

中敷き&かかと修理

中敷きもかかとも交換不可の一体型タイプです。中敷きは重ね張りをし、かかとはソールのかかと部分をカットして、新しいゴムを取付けました。合皮中敷き¥1,185 かかと修理¥1,000

1 コメント

ジャランスリワヤ

私も持っているジャランスリワヤのローファー。インドネシア製ということで、最初はあまりピンときませんでしたが、比較的手頃な価格で質の良い靴を作っているのでとても気に入っています。今回はビブラムのハーフソールで仕上げました。価格は2,160円(税込)です。

0 コメント

クリーニング

私の経験上、スエード靴のクリーニングは比較的汚れが落ちやすくキレイに仕上がるイメージがあります。もちろん程度にもよりますが…。

今回もつま先周辺の汚れを中心にしっかりとキレイに仕上がりました。

料金は2,500円になります。

0 コメント

合皮中敷き交換

しばらく履かなかったら中敷きがボロボロになってしまったそうです。

でも大丈夫です!新しい中敷きに張り替えれば復活します。

料金は1,185円(税込)になります。

 

 

3 コメント

リボーン

紳士のカカト修理例です。ヒール部分まで削れてしまっており、色落ちもしています。

減り過ぎたヒールは革で部分補修をし、インクも塗り替えたのですっかり生まれ変わりました。

0 コメント

ウレタン底の宿命

今回はウレタン底によく有りがちな加水分解によるソールのひび割れの実例とその修理例のご紹介です。ソールは軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジで、カカト部分は耐久性のある合成ゴムで仕上げました。オリジナルよりも軽量化できたので、履き心地も良くなっていると思います。

2 コメント

カードOKです。

当店ではこれまでお支払いは現金のみとさせて頂いておりましたが、6月20日より各種クレジットカードに対応可能となりました。

0 コメント

リフト交換

少し履き過ぎてゴムより上の革まで削れてしまっています。でもご安心ください!

部分補修をして復元できるんです。

こちらの修理はVibramのトップリフト+部分補修1箇所で¥2,040になります、

0 コメント

ハーフソール2

新品の靴にハーフソールを貼る作業はいつも以上に緊張します。今回はお客様の希望でVibram #2340(エクスプローションソール)を貼らせていただきました。模様に特徴のあるソールですが、グリップ力も耐久性もバッチリです。料金は¥2,375になります。

0 コメント

ハーフソール1

新品の靴にハーフソールを貼りました。今回はロゴ無しのスッキリとしたデザインのスペイン製のハーフソールをチョイス。グリップ力も高くゴム質もとても良いのでおススメです!料金は¥2,160になります。

0 コメント

中敷きの交換

サンダルが活躍する季節が近づいてきましたね。そんな季節に備えて、表面が剥がれてボロボロになってしまった中敷きの張り替えを致します。実はボロボロになってしまった原因は合皮という素材にあるんです。合皮は靴の保管方法や年数の経過によりこうなってしまうのです。本革であればこんな状態にはなりません。ですから当店ではお客様に、本革の中敷き交換をおすすめしています。値段の差も300円くらいなので、

耐久性の違いを考えれば決して高くはないと思います。カラーバリエーションも豊富です。

 

0 コメント

オールソール

ソールのデザインが特徴的です。再現が難しかったですが雰囲気は壊すことなく仕上がったと思います。

ハーフソール

当店の婦人用ハーフソールは基本的に極薄のビブラム1.0mm、ビブラム1.8mm、ロゴ無し1.8mm、ピラミッド柄2.2mmの4種類をご用意しております。価格は全て¥1,940(税込)となっております。

中敷き交換

ここ最近になって中敷き交換の仕事が増えております。今回のように合皮の中敷きがボロボロになって交換するパターンが多いです。価格としては合皮が¥1,185(税込)、革が¥1,510(税込)と差額が325円なので、耐久性を考えると絶対に革がお勧めです。特に素足で履く場合などは合皮よりも革のほうが履き心地が良いようです。

PRADAのスニーカー

ソールがボロボロ、ベタベタになってしまったプラダのスニーカーのオールソールです。

新しいソールはVibramのスポンジ素材を使用しているため、かなり軽くクッション性もあり履き心地は抜群だと思います。

ハーフソール

ハーフソールはすべり止め効果の他にソールの減り防止にもなりますが、特にソールが薄くつま先が細く尖った靴には靴をおろす前に貼ることをお勧めします。と言うのも油断しているとソールはおろか本体まですり減って穴が開いてしまうリスクがあるからです。

 

ハーフソール&かかと修理

足袋のようなデザインのソールです。履き心地は良さそうですね。ハーフソール、かかと共にビブラムで仕上げました。

バッグの根革修理

バッグ修理の中でも多いのが根革の修理。革の幅が細ければ細い程切れやすくなってしまうようです。

サンダルのオールソール

サンダルのオールソールです。ウレタン底の宿命とも言える加水分解を起こしています。

今回はソールに軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジを採用しました。

ブロックヒール(積み上げ風)

ブロックヒールの修理です。実際は20mm厚のゴムですが、積み上げ風に仕上げています。

ビンテージスチール

トライアンフのスチールが新たに2種加わりました。どちらもソールを加工せずに取付け可能なのでソールを削る必要もなく、糸切れの心配もありません。是非一度お試しください!

ビブラム#4014ソール

#4014と言えばレッドウイング用のソールとして知られています。

こちらの修理は8,640円(税込)になります。なお納期は1週間前後です。

部分カラーリング

リーガルの典型的な色剥げパターンです。こうなってしまうと靴クリームでの補色は不可能なので顔料で補修するしかありません。

ハーフソール+スチール

ビブラムのハーフソールにトライアンフのスチールを付けました。

2,160+3,020=5,180円(税込)になります。

オールソール

スポンジのオールソールです。

価格は¥7,560(税込)~になります。

履きづらい靴にファスナーを…

今回は私物です。ネットのSALEで安く買ったはいいものの履き口が狭くとにかく履きづらい。返品や交換もできない為、仕方なく本体の一部にファスナーを取付け、脱ぎ履きを楽にしようと考えました。結果、履く時のストレスも無くなり大成功です。

サイドゴアのゴム交換

サイドゴアブーツのゴムがヨレヨレに伸びきっています。

オリジナル同様に濃茶のゴムに交換しました。

 

リニューアル

店先の立て看板をリニューアルしました。

 

クリーニング

お客様自身が汚れの原因がわからないと言うことでした。

ただ革に染み込んだ汚れではなさそうなのである程度は綺麗になるであろうと予想しましたが、手洗いで丁寧に作業した結果、しっかりと綺麗になりました。

婦人のショートブーツのクリーニングの料金は3,000円になります。

 

バッグの中身が見えてしまう…

ファスナーや留め具が無いために常に口が開いた状態でバッグの中身が見えてしまうとのことで、コスパを考えてマグネットを取付けました。

お悩みも解消され喜んでいただけました。

ヴィトンの根革修理

バッグ修理の代表的なものともいえる根革修理。ハードワークを強いられる箇所だけに革切れは避けられないようです。

 

合皮中敷き交換

中敷きがボロボロになってしまっていますので新しいものに交換致しました。価格は¥1,185(税込)です。

バックル取付け

モンクストラップのバックルが破損してしまったようです。

オリジナルに近いデザインのものを取付けさせていただきました。

レッドウイングのオールソール

レッドウイングのオールソールと言えば Vibram #4014ですね。

こちらの修理で¥8,640(税込)になります。納期は1週間前後いただいております。

ビブラムのハーフソール

当店ではこちらのイタリアのビブラム社製ハーフソールが婦人¥1,940、紳士 ¥2,160(共に税込)となっております。他にも同じ価格でロゴ無しのスペイン製、日本製もございます。

スリッパのリメイク

10月は雨ばかりでしたね。おかげで暇な時間が多かったので店内のお客様用スリッパをリメイクしてみました。ベロアを縫い付けて少し高級感が出せたと思います。

サイドゴアブーツのゴム交換

珍しいデザインのサイドゴアブーツです。ゴムが伸びて一部が切れてしまっておりますので全て交換致しました。

婦人靴のかかと修理

少し履き過ぎてヒール部分まで削れてしまっています。でも大丈夫です!ほんの数ミリ低くはなりますが綺麗に直ります。

金具交換

ナスカンを交換しました。似たデザインのものが無かったので、在庫の中からお選びいただきました。

バッグ修理

破損してしまった肩ひもを支える根革を作製しました。

ファスナーの引き手の作製

引き手が取れてしまっていますので、新規で作ってみました。

ソールカット

ソール全体を低くしてほしいとのご依頼により約1.5cmカット致しました。これで履きやすくなり、この夏大活躍してくれると嬉しいです。

紳士かかと修理

紳士トップリフトの交換 ビブラム6mm 1,940円(税込)

ソール一体型の補修

つま先からかかとまで一体になったソールの場合、すり減った部分に傾斜したゴムを貼るコーナーという方法で補修致します。

革底全体にラバーを…

PELLICOにハーフソール

今回はVibramの1.8mmをチョイスしました。価格は¥1,940(税込)となっております。

ビラゴム交換

今回はREGALのモンクストラップシューズの修理です。ストラップ部分のゴムが完全に切れて

しまっていますので、オリジナル同様に20mm巾のビラゴムで交換させて頂きました。

店内の商品

来店された方ならご存じかと思いますが、店がとにかく狭いです。

しかしそんな狭小スペースに厳選した商品をいろいろ取り揃えております。サイズ調整用のインソールなどは全てサンプルがあり、実際に試していただくことが可能ですのでどうぞお気軽にご来店ください!

ショルダーバッグの丈詰め

ひもが長すぎて使い勝手が悪いとのことで、丈を短くしました。

長さを変えることで、がらりと雰囲気が変わりました。

ヴィトンの修理

ショルダーのひもの付け根部分の革(根革)が千切れてしまっています。

ヌメ革を使ってオリジナルに近いものを作りました。新しい革なので最初は色的な違和感は否めませんが、使い込んでいくうちに周りの革になじんでくるので問題ないでしょう。

ファスナーを取付ける

バッグの中身を見せたくないのでファスナーを新設してほしいとのご依頼でした。

お客様とご相談してこの取付位置に決まりました。

 

新品の革底靴にハーフソール

革底の靴にハーフソールを貼る場合は今回のように新品の状態で貼ることをお勧めします。そうする事によってソールの減り防止にもなり、糸切れによるアッパーとソールの分離も避けられるんです。

 

バッグの持ち手交換

バッグ修理で多いのがファスナーと持ち手の交換。今回は持ち手交換の修理例をご紹介します。

オリジナルの素材は合皮でしたが、合皮特有の表面剥離が始まったので革への変更を希望されました。材料はお客様が持ち込まれた他のバッグのショルダー用の革ひもを使用。色の相性やひもの幅もバッチリで、オリジナルには無かったバックルも良いアクセントになっていると思います。

 

ヒールカット

ヒールが高すぎて履いてなかった靴のヒールカットをご希望のお客様。

バランスを考えた上で約1cmカットさせていただきました。

皆さんも下駄箱で眠っている靴を再生させてはいかがですか?

作業時間は約30分程で可能です。

カット代430円+かかと代900円=1,330円

※かかと代はかかとの面積により異なります。

サンダルに革中敷

汚れが目立たないよう全体に中敷きを貼りました。

カラーリング

鮮やかなピンク色を黒へ変更しました。

ストラップの作製

靴が脱げてしまうのでストラップを作ってほしいとのご依頼でした。

金具部分は脱ぎ履きの楽なフック式です。

ブロックヒールの交換

20mm厚のブロックヒールの交換です。

ブロックヒールと言うと代表的なものとしてREGALが有名です。

マグネットの交換

CELINEのバッグのマグネットを交換しました。オリジナルのパーツとは異なりますが、耐久性はありそうです。

クリーニング

スエード靴にできた雨ジミをクリーニングで落としました。スエードは濡れるとシミになりやすいので、日頃から防水スプレーなどで対策することが重要です。

0 コメント

極薄カラーハーフソール

ビブラム社製の極薄タイプのハーフソールです。ハーフソールというと1.8mm厚が主流ですが、こちらは1.0mmとかなり薄手です。軽くて貼った感じが少なくカラーバリエーションも豊富です。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part2

こちらもmiu miuの財布の色補修です。エッジ部分と金のロゴ近くに目立つ色剥げがありましたが、違和感のない仕上がりになったと思います。

0 コメント

miu miu 財布の色補修 part 1

miu miuの財布のエッジの部分が色剥げしています。同じ色を再現するために何色かを混ぜ合わせ調合しました。

0 コメント

PRADAのファスナー修理

ファスナーが閉まらなくなってしまっています。これはスライダーの不具合が原因なのでスライダーを交換をすることで解決します。

0 コメント

ToD‘Sのオールソール

TOD‘Sといえばドライビングシューズ。そんなTOD‘Sのソールがウレタン底特有の加水分解を起こしてしまっています。本体はほぼ新品なのでソールを貼り替えることにより復活しました。ソールはvibram #1030で仕上げました。

0 コメント

新作トートバッグ

オリジナルデザインの新作バッグが完成しました。今回は初のトートバッグ。素材は豚革使用でたっぷりと収納可能です。

0 コメント

ヒールカット

昔は履けていたのに今はヒールが高すぎて怖くて履けないという方、結構いらっしゃいます。

そんな方にはヒールカットがお勧めです。バランスを見ながら最大2cmくらいはカット可能です。

ちなみにこちらの靴は1.5cmカット致しました。

0 コメント

バッグのクリーニング

当店ではバッグのクリーニングも行なっております。ただ基本的には外注となりますので納期は2週間くらいいただいております。

0 コメント

ヒール交換

最近多いヒール交換の修理。ここまで方減りしてしまうと歩きにくかったと思います。こうなる前に早めの修理をお勧めします!

0 コメント

ビンテージスチール

かかと同様に減りやすいのがつま先部分。かかとの修理はかなり認知度は高いと思いますが、意外としられていないのがつま先の修理。減ってしまったつま先でもゴムや革、スチールでの補修が可能です。スチールはあまり一般的とは言えませんが、耐摩耗性に優れているために、お気に入りの靴を大事に長く履きたい方には好まれているようです。

作業に手間が掛かる為、当日仕上げは難しいですが、翌日のお渡し可能です。料金はこちらのタイプ¥2,805(税込)になります。

0 コメント

持ち手の根革の作製

革製のバッグですが、持ち手部分は合皮が使われており、根革が切れてしまっています。

新たな根革は丈夫な革で作りました。

0 コメント

新品の靴にハーフソール

靴を買ったらハーフソールをお勧めします。ソールが革の場合は滑り止めになりますし、また減り防止にもなり靴が長持ちします。

0 コメント

新作!

久々にオリジナルのバッグを作りました。形はほぼスクエアで、裏地付で内ポケットが1つあります。

今回は縦の切り替えと革紐を縫い付けたデザインが特徴です。

0 コメント

婦人靴の修理例3

ソール一体型のかかと修理例です。このタイプの靴は減った部分のみを修理する部分補修(コーナー)という方法で直します。修理代は1,620円(税込)になります。

0 コメント

婦人靴の修理例2

0 コメント

婦人靴の修理例1

今回はピンヒールのリフト交換です。ピンヒールはかかとの面積が小さい分、どうしても消耗は早いです。交換するタイミングは人それぞれですが、なるべく早めの交換をお勧めします。修理代は900円(税込)です。

14 コメント

積み上げヒール交換

かなり履き過ぎてトップリフトより上のヒール部分まで削れてしまっています。

こうなってしまうと、ヒールをそっくり交換した方が良いでしょう。今回はオリジナル通りに革を積み上げたヒール+トップリフトで仕上げました。その他にもコストを抑えたい方には厚さ20mm前後のブロックヒールで仕上げる方法があります。

0 コメント

つま先+ハーフソール+かかと

かなり履き込んでおり、特につま先とソールは部分補修を施した上からハーフソールを貼っております。

0 コメント

肩紐の長さ変更

ショルダーバッグの肩紐を25cmカットしました。

0 コメント

クリスチャン・ルブタン

ルブタンと言えばやはり赤のハーフソールが定番ですね。今回はビブラムの赤を選びましたが、かなり朱色に近い赤のようです。

1 コメント

クリーニング

衣替えのシーズンになり、しまっていた秋冬物の靴を出してみたらカビだらけに…。

何て経験はありませんか?

今回は靴箱に入れっ放しでカビだらけになってしまった革靴のクリーニングです。

内側もカビだらけでしたが、きれいになりました。

カビの原因の多くは湿気です。カビは風通しが悪く湿気の溜まりやすい場所で発生するので、もし玄関が多湿の場合は、たまにベランダなどの風通しの良い場所で日陰干しをするとよいでしょう。

 

0 コメント

パスケースをカスタマイズ

パスケースに紐を通す穴を開けてほしいとのご依頼でしたが、穴を開けてしまうとカードの出し入れの妨げになってしまうので、新たに金具を取付けました。

0 コメント

新作バッグ

お隣のブティックの店長さんからご注文頂いたバッグ製作が、構想から約2カ月掛かってやっと完成しました。柔らかいシュリンクレザーと蛇柄の切り替えしになったオリジナルデザインです。

0 コメント

中敷き&かかと修理

中敷きもかかとも交換不可の一体型タイプです。中敷きは重ね張りをし、かかとはソールのかかと部分をカットして、新しいゴムを取付けました。合皮中敷き¥1,185 かかと修理¥1,000

1 コメント

ジャランスリワヤ

私も持っているジャランスリワヤのローファー。インドネシア製ということで、最初はあまりピンときませんでしたが、比較的手頃な価格で質の良い靴を作っているのでとても気に入っています。今回はビブラムのハーフソールで仕上げました。価格は2,160円(税込)です。

0 コメント

クリーニング

私の経験上、スエード靴のクリーニングは比較的汚れが落ちやすくキレイに仕上がるイメージがあります。もちろん程度にもよりますが…。

今回もつま先周辺の汚れを中心にしっかりとキレイに仕上がりました。

料金は2,500円になります。

0 コメント

合皮中敷き交換

しばらく履かなかったら中敷きがボロボロになってしまったそうです。

でも大丈夫です!新しい中敷きに張り替えれば復活します。

料金は1,185円(税込)になります。

 

 

3 コメント

リボーン

紳士のカカト修理例です。ヒール部分まで削れてしまっており、色落ちもしています。

減り過ぎたヒールは革で部分補修をし、インクも塗り替えたのですっかり生まれ変わりました。

0 コメント

ウレタン底の宿命

今回はウレタン底によく有りがちな加水分解によるソールのひび割れの実例とその修理例のご紹介です。ソールは軽くてクッション性の良いビブラムのスポンジで、カカト部分は耐久性のある合成ゴムで仕上げました。オリジナルよりも軽量化できたので、履き心地も良くなっていると思います。

2 コメント

カードOKです。

当店ではこれまでお支払いは現金のみとさせて頂いておりましたが、6月20日より各種クレジットカードに対応可能となりました。

0 コメント

リフト交換

少し履き過ぎてゴムより上の革まで削れてしまっています。でもご安心ください!

部分補修をして復元できるんです。

こちらの修理はVibramのトップリフト+部分補修1箇所で¥2,040になります、

0 コメント

ハーフソール2

新品の靴にハーフソールを貼る作業はいつも以上に緊張します。今回はお客様の希望でVibram #2340(エクスプローションソール)を貼らせていただきました。模様に特徴のあるソールですが、グリップ力も耐久性もバッチリです。料金は¥2,375になります。

0 コメント

ハーフソール1

新品の靴にハーフソールを貼りました。今回はロゴ無しのスッキリとしたデザインのスペイン製のハーフソールをチョイス。グリップ力も高くゴム質もとても良いのでおススメです!料金は¥2,160になります。

0 コメント

中敷きの交換

サンダルが活躍する季節が近づいてきましたね。そんな季節に備えて、表面が剥がれてボロボロになってしまった中敷きの張り替えを致します。実はボロボロになってしまった原因は合皮という素材にあるんです。合皮は靴の保管方法や年数の経過によりこうなってしまうのです。本革であればこんな状態にはなりません。ですから当店ではお客様に、本革の中敷き交換をおすすめしています。値段の差も300円くらいなので、

耐久性の違いを考えれば決して高くはないと思います。カラーバリエーションも豊富です。

 

0 コメント